ピアノ1周年&やり遂げた達成感&卒業の寂しさ

ピアノ再開して1年経ちました。

再開と同時に始めたこちらの本も、

「5指独立トレーニング」から始まり、

最後は「グリッサンドトレーニング」で終了。

トレーニングの合間に、2ページほどの小曲が載っているのですが、最後の小曲がちょうどグリッサンドの最後のトレーニングと同じ終わり方をしていて、この構成にはグッときました。

最後のトレーニングに日付を入れたとき、ああこれでやりきったんだなという達成感と共に、もうこの本とは歩んでいけないのかという一抹の寂しさのようなものを感じました。

ピアノの練習を始めるときに必ず最初に取り組んでいたこの本…。

完全に私にとってのペースメーカーでした。

この本を終わってしまって果たしてこれからもピアノを続けることができるのか不安です。

本当は今日、次の楽譜を買いにいくつもりだったのですが…外出する気になれず。この本の後継はまだ決まっていません。

さてどうしよう。

完全に、「進路を決めずに卒業してしまって路頭に迷ってる人」になってしまいました。

読んだよ! 3
読み込み中...
                   
コメント (2)
  1. Gari より:

    すずかさん、こんにちは。1周年おめでとうございます。まだ再開して1年だったんですね。お上手だからもっと長くやっていらっしゃるものと思ってました。しかも基礎トレの本もちゃんとやんごとなく終わらせていらっしゃるし。すずかさんの2年目がどうなっていくのか、ますます楽しみです。

    1. すずか より:

      Gariさん、コメントありがとうございます!
      実はまだ1年だったんですよ~。基礎トレ本は軽い気持ちで始めてみたら、やんごとなき本でしたね。
      2年目も継続できるように頑張ります!Gariさんも無謀曲チャレンジ頑張ってください!言い出しっぺ(?)の自分はやるかどうか迷っていますが…(;´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。