私にとって星5とは・・・

それは・・・

いうなれば、高嶺の花。

お近づきになりたいけれど、畏れ多くて、とてもじゃないと近づけない。

うっかりと近づこうものなら、まばゆい星の輝きにたちまち目がくらんでしまう。

伸ばしても決して手の届くことがない、遠いところでただ光り輝いている。

そんな存在・・・。

私など、本来はその存在を意識することすら許されないのだ。

わかっている。

わかっているのに・・・。

時折、無性にその存在を拝みたくなって・・・

その “禁断の地” に足を踏み入れたくなってしまう・・・

そんな私を・・・

どうかお許しいただけないだろうか・・・・・・。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

え?

星5って何やねん?

って?

それはもちろん…………

これだァァァァァァァァ!!!!!!!!(ババーン)

眩しすぎる5つの星~~~~~~~~~~~/(^o^)\

そう!

全音のこの青い本を通ってきた人ならわかるはず!

星が増える度に!

最終ページにある「難易度別教本・曲集一覧」というページの隅々にまで目を通し!

「このレベルにはこんな曲集があるんだ~」と胸をワクワクさせ!

「もう一つ星が増えたら何があるんだろう~」と未知なる存在への憧れを募らせる!

そう!

この星である!!!!

そして!!!!!

私の到達したことのない未知なる世界、星5!!!!!(一応ツェルニー50番をちょっとだけやったが、あれはノーカン)

ここまでくると、もはや上級過程と書かれている!!!!!!!!

上級!!!!!!!!!!!

私が一生踏み入れることのできない領域!!!!!!!!!!!!!!!!!

そう!!!!!!!!!!!!

私がこんな星5の楽譜を持っていることが誤りなのである!!!!!!!!!!!!!!!!

だがしかし!!!!!!!!!!!!

なんか憧れて買っちゃうんデスヨネ~~~~~~~~~~~~~/(^o^)\

というわけで…

例の弾いてみたいナ~~~曲は、大変おこがましいことに、この星5の中に含まれているのである…

あぁ~

眩しすぎる~

ていうか、冷静に考えると、弾けるわけない/(^o^)\

読んだよ! 3
読み込み中...
                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です