夢でよかった~その4

ある日のレッスン。

本日の先生は子供の頃習っていたときの先生です。

レッスンにて、いつも通りモーツァルトソナタ2番第1楽章を弾いていると…

先生「実はね~発表会、この曲被ってるのよ」

発表会!?

発表会ってまだまだ先なのでは!?

というかこの曲発表会で弾くつもりなかったけど!?

でも被ってるってことは別の曲をもらえるのかな?

先生「だからね~あなたはこれをパンデミックモードで弾いてもらおうと思ってるの」

パンデミックモード!?!?!?!?!?!?

先生「パンデミックモードってわかる?超高速に弾くの」

わかりません!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

先生「もう一人の人には途中から弾いてもらってお客さんをびっくりさせようと思うの~ww」

発表会で遊ぶな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そんな謎宣告を受けつつ、次、バッハインベンションに移る…

ここで先生、突然の厳格モードに…

先生「今日はこの曲を指定テンポできちんと弾けるようにしなさい」

指定テンポを見ると…

四分音符=220だとォ!?!?!?!?!?!?

先生「今日はレッスン4時間まで延長するから」

4時間!?!?!?!?!?!?!?

とりあえず言われたとおりインベンションを可能な限り高速で弾こうと試みる…

しかし、弾けるわけもなくボロボロ…

先生は「どうせ弾けないだろう」と思ったのか、テレビをつけて見始める…

ていうか、もう23時ですけど!!?!?!?!??!?!!?

3時までやんの、これ!?!?!?!?!?!?!?

というところで目が覚めました。

いや…

パンデミックモードってなんだよ!!!!!!!!!!!!/(^o^)\

まぁともかく…

こんなことにならないように、発表会の曲被りには気をつけましょうv(^O^)v

読んだよ! 2
読み込み中...
                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。