電子ピアノの発展を願う

ツェルニー30番の4、右手の保持音を脱力して弾かないといけない。

ということで、脱力する方法をレッスンで教えてもらって、脱力したときに音が響く感じと、力が入っているときに音がこもる感じがなんとなくわかってきた!!!

ってことで、今日家の電子ピアノで練習しました。

どんな弾き方をしても 全部 同じ 音が 鳴るョ…(ToT)

まあ電子ピアノなんで当たり前なんですけどね…。でも逆にここまでコンピュータ技術が発達しているならどうにかして電子ピアノでも脱力や打鍵の具合によって音が変わる仕組みとかできないもんかな。

と思って考えてみました。

案①全裸システム搭載

  • 購入後、初期設定として力が入っている状態と、脱力した状態の腕や肩や指などの画像を撮影します。(全裸で)
  • 電子ピアノは画像認識によって、演奏者が今どのくらい脱力できているかを判定し、力の入り具合に応じた音色を出します。
  • 演奏するときはもちろん全裸です

案②力測定グローブ

  • 演奏の邪魔にならないような軽く柔軟性のあるグローブをはめて演奏します。
  • グローブは演奏者の力の入り具合を検知できます。
  • 電子ピアノはグローブが検知した力の具合に応じた音色を出します。
  • 演奏するときはもちろん全裸です。(なんでやねん)

どうでしょうか?

これを見ているヤマハの技術者さん、ぜひお願いします!!!!!!m(_ _)m

読んだよ! 2
読み込み中...
                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です