インベンション3番萌え語り

子供の頃からバッハが好きだったのですが、やはり今弾いても楽しいですね~。まあ、まだインベンションで簡単だからっていうのもあると思いますが…。

右手のメロディーが終わったかな?と思った途端に左手からメロディーが聞こえてくる感じがたまりません!!

今、インベンションの3番をやっています。全音の指定速度はさすがに弾けないので、声部を意識しながらある程度綺麗に聞こえる速さで弾けるようになったら次に進んでしまっています。
その代わり、次に進んでもそれまでの曲も復習で弾くようにしています。

で、インベンション3番なんですけど、これがもう本当にいい曲で!!!右手と左手のメロディーの交代がめっちゃくちゃ映えるメロディーだと思いませんか!?!?

バッハの曲ってタイトルがないので、子供の頃はただ単に楽譜通りに弾いているだけで、音楽を感じるといったことがなかったのですが、今改めて弾いてみると色んなイメージが浮かんできます。

インベンション3番は、私の中では港町のイメージです!!往来の多い港町で、水夫たちが船に荷物を積んだり下ろしたりしているイメージ!!最初に弾いたときからずっとそんな映像が勝手に頭の中で流れていました。

↓こんな感じ!

そんでもって、ココです!!

この32~37小節にかけて、特に36小節で左手にメロディーが受け渡されるところ、ここがこの曲の超!超!超!萌えポイントだと私は思っています!!!!この左手の「レドミレドシ」がたまらん!!!そんで右手の「ファーーソラソ」もいい!!!そして37小節で音型が同じになるところ!!!!!もうここを弾くたびにたまらない気持ちになります!!ここだけ永遠に弾いていたい!!!あ~~~大好き!萌える!!!!!

ちなみに私は楽典を全然勉強したことがないので進行がどうとか和声がどうとかは全然わかりません!そのあたりを勉強して分析できればもっと楽しいのだろうか?まあでも弾いてるだけでも楽しいぞ!

そんな感じでインベンション3周目、楽しんでおります~。(子供の頃に2周したので3周目)あ~、3番が楽しすぎて先に進みたくない~。まあでもこれ以降も萌えるメロディーに出会えるかもしれないので、どんどん進めよー。

読んだよ! 1
読み込み中...
                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です