最近の練習メモ(2021/05/04)

ピアノ基礎トレ365日

ペダリングの章が終わり、アルペジオの章を今やっています。アルペジオ、苦手。

普段のトレーニングの章とは別に、定期的に曲が載ってるんですけど、次の曲が出てくる前にエリーゼのためにラテンバージョンを完成させたかった…のにできなかった。ので、次のグランドピアノ練習のときに録画して区切りにできるように練習中。結構テンポが速い、けど弾いていて楽しい。

ハノン

ひたすらスケール。1日に2ページやってます。前の日にページAとページBをやったとしたら、次の日はページBとページCをやる、みたいな感じ。

あとスケールばっかりなのもアレなので指の運動で第1部の曲をやったり、32~38番をやったり。指くぐりの練習ってリトルピシュナにもあったし重要なんだろうか。

リトルピシュナ

スケールとかアルペジオとか。やっぱりこの練習曲集の使い方がよくわからぬ。

インベンション(バッハ)

1番を通しで速め、暗譜気味で弾きつつ、2番を練習中。指使いが覚えられない。

舟歌(チャイコフスキー)

メインメロディーを歌うように練習してるのと、中間部のアルペジオ手前のとこ(アイキャッチ画像の部分)を、ひとまとまりごとに脱力する練習。

なんか英雄ポロネーズの左手のオクターブ連打のコツみたいな動画で(英雄ポロネーズを弾く予定はない)1音ずつ弾いては脱力、弾いては脱力、がコツだと言っていたので、他の曲にも応用できるんじゃないかと思ってやってる。舟歌以外にもオクターブで脱力するように心がけている。

五月、愛する五月よ-もうすぐお前は再びやってくる(シューマン)

とりあえず動画もアップしたので、一区切り。全然納得できる演奏ではないが…。演奏動画見るとみんなペダル入れてるけど、ペダル指示は(一部を除いて)ないからどう弾くのが正解なのかわからぬ。この曲でpの弾けなさに絶望して心の闇が現れてしまった。

今後も定期的に練習していきたい。曲に完成はないのだ!!!

劇場からの余韻(シューマン)

タイトルが気になったのでちょっとやってみた。譜読みが終わったぐらい。この曲もオクターブがあるので脱力を心掛けている。声部をちゃんとバラバラに聴かせる部分があるのでその辺の練習が必要。

こんな感じ。舟歌は仕上げの段階だし、五月~は(一応)終わりにしたし、劇場からの余韻はサブ曲なので、メイン曲で新しい曲を何かやりたい!

ドビュッシー?知らない子ですねぇ…

いいね!と思ったらぜひハートマークをポチっとお願いします!励みになります♪
読んだよ! 読んだよ!
読み込み中...
                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です