爪なんて伸びなきゃいいのになー

ピアノを本格的に再開する前は、週に1回ぐらいの頻度で爪を切ってましたが、ピアノを弾くようになってから2~3日に1回ぐらい切らないと気持ち悪く思えるようになってしまいました。

なぜか、左手の人差し指だけが、極限までギリギリに切っても肉より爪の方が長いので、左手の人差し指だけ寝かせて弾くという弾き方がもう身に着いてしまっています。

「爪が長いのが嫌だ、深爪になりたい」って言ったら「世の中の女子を敵に回してる」と言われました。でもピアノを弾くうえで爪なんて邪魔でしかないですよねー。

ピアノ弾こう!と思い立っても、もし爪を切っていなかったら、爪を切るところから始めないといけなくて、なんとなくやる気がそがれません?

で、みっちり切るとそれはそれで鍵盤に指を当てたときにちょっと痛い。

爪なんてなんで伸びるんだろー。爪のばかやろー。

練習メモ

合計:38:44

ピアノ基礎トレ365日

3:58

休符が複雑なフレーズ難しい。

ハノン

19:47

練習方法これで合ってるのだろうか。

リトルピシュナ

11:55

少し進めた。転調が割とスムーズにできるようになってきた。

シシリー島の小さな貝がら(三善晃)

3:02

さらっと譜読みしたぐらい。

いいね!と思ったらぜひハートマークをポチっとお願いします!励みになります♪
読んだよ! 読んだよ!
読み込み中...
                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です