楽譜が好きで好きでたまらない

前にも似たような記事を書いていますが。(参考記事

私はトテーモ=ガクフスキーなので、常にAmazonで楽譜を眺めて垂涎しているし、メルカリやヤフオクなどで出品されている楽譜の外観や中身の写真を眺めて目を満たしているし、まれに楽器店に行けたときは楽譜売り場を隅から隅までじっくり時間をかけて見てるので店員から万引き犯と間違えられないか心配だし、毎月の楽譜予算1万…た、足りない!世の中の楽譜を全部自分のものにしたい!!!!YAMAHAの楽譜売り場を買収したい!!!!!!!!!!!!

という気持ちで日々を過ごしています。

もともと本という媒体が好きで、分厚ければ分厚いほど好きで、薄い小説はあまり読む気がせず(読むけど)薄い参考書ではあまり勉強する気も起きない(するけど)ので、楽譜も基本的には分厚くて紙が薄くてページ数が多くて細かい文字が1ページにぎっしり詰まってるのが好きです。(なので、ヘンレ版よりも全音版の方が本としては好き。ヘンレ版は音符がでかいし、紙も分厚くてあまりテンションが上がらない。全音は手に取って眺めると気分が高揚する)

とはいえ一般的な本と楽譜とでは違うので、薄い楽譜もそれはそれでパートナー感というか?数は多くないけど、何でも打ち明けられてずっと付き合っていける親友みたいな?そんな気分になるので良いです。まあ私は友達いないけどな。

それで最近全音のピアノピースをいくつか購入したのですが、

ピース、いいぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!

なんかこう、なんか、うまく言えないけど、ピースいいわ!!!!!!!1冊に1曲だけ入っている、というか、1曲が1冊になっているという形式がなんともいえなく、なんか、イイ!!!!(語彙力がなくてスミマセン)

いや、ピースを買ったこと自体はあるんですよ。でもなんか、同じ作曲家のものを複数買って、同時に手元に届いたことで、「本来なら1冊の楽譜にまとめられるものが、わざわざ独立した冊子としてバラバラになっている」という感覚からくる特別感というか…ああっ!!私はこんなにもピースを愛しているのに、どこを愛しているのか言葉にできないなんて…!!

でも愛なんて本質的にはそういうものですよね。

なんの話だ。

しかもピースって1つ1つ番号が振られててリストになってて、今500番ぐらいまであるんですよね。

刺激される…刺激されるぞ…私の…コンプ癖が…!!!!!!

ピース全部…集めて…本棚に並べて…眺められたら…もう…最高じゃない…???????

リストがあるんだからさぁ…集めたピースの番号を蛍光ペンで塗ったりして…1つずつ埋めていったりしてさぁ…。

ぐへ…ぐへへ…。

というイケナイ欲望に苛まれています…。

しかし最近、集めた楽譜たちを愛でながら、うっすらと心の奥に引っかかっていることがあるのです…。

「楽譜たちは、眺めて喜ぶ人のもとで綺麗な状態でいるよりも、ちゃんと弾ける人のもとで書き込みまくられてボロボロになるまで使い込まれた方が幸せなのではないか…????」

せっかく楽譜として生まれたのだから、弾いてもらえることこそが本望なのではないか…ということを思うようになってしまった。これも楽譜を思う心の一種ですよ。

そう、確かに私は楽譜を収集するけど、ほぼすべての曲を弾いていない…。というか、弾けるほどの実力がない…。

一応、いずれ弾くつもりの楽譜に絞って収集はしているのです。今はまだ弾けなくても、実力がアップしたら弾きたいと思っているものだけをコレクションしています。人生で一生弾く気はないけど眺めるためだけに買う、ということはしないようにしています。車を運転する気もないのに身分証明だけの目的で免許を取得した私とは違うのよ。(万年ゴールド免許ドヤァ)

でも私の実力アップが亀以下の歩みすぎて、結果的にほとんどの楽譜が弾かれることのないままになりそう…。楽譜を愛する者としては、それはちょっと楽譜がかわいそうだな…と心が痛む。

いつか弾こうと思って放置されるより、今弾こうと思ってちゃんと弾いてくれる弾き主(?)のもとに買われていった方が楽譜も幸せなのではないか…。楽譜の幸せを願うなら…自分は身を引くべきではないか…。

そうはいっても楽譜が欲しぃ…楽譜ぅ…集めて並べて眺めたぁい…グヘヘぇ…という自分の欲望にも抗えない…。何より、Amazonを見てるとついつい手が滑ってしまって…。

ま、すべてを一気に解決できる方法は「さっさと自分が上手くなる」なんですけどね~~~~~それができたら警察なんていらないのよ!!!!!!

トテーモ=ガクフスキーの葛藤は続く…。

あ~なんで人生ってアイテム引継ぎ機能ついてないんだろう…。引継ぎができないと現世で集めた楽譜が無駄になるし、来世でピアノうまくなったとしてもまた一から楽譜買わないといけないですよね。普通に考えて絶対必要な機能だと思います。任〇堂さん、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

読んだよ! 3
読み込み中...
                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。