終わりよければすべてよいのか?

月の光…

一応、最後まで譜読みした…のかな?いや、まだかな…。

次のレッスンには間に合わなさそうだな…。

それはいいんだけど、例のごとく最後のページから練習していったら…

やっぱり最後の方はいいけど最初の2ページがガタガタじゃん!!!!!!!!!!

中間部のアルペジオがえぐい部分(?)が割とスラスラと(超絶ゆっくりだけど)弾けるようになったのはいいけど…

最初のページと2番目のページがガタガタだよ!!!!

というか指使いが独特すぎて慣れないよ!!!!!!!

最初から練習すれば最初の方は弾けるようになるけど途中から弾けなくなる。

最後から練習すれば終わりにいくにつれて良くなるけど最初がボロボロ。

どうすればいいのん?

でも終わりよければ…って言葉もあるぐらいだから最後が弾けてる方がマシ…なはず…なのか…?

まあ、曲ってたいてい進むにつれて難しくなっていくから、最後から練習するメリットとしては、一番難しい部分に対して抵抗感がなくなることかな。

その代わり自分にとっての「一番難しい部分」が最初にスライドするわけだが…。

え?バランス良く練習しろって?

それが出来るならそもそも「最初から練習すると途中から弾けなくなる」という現象など発生しませんから!!!!

いいね!と思ったらぜひハートマークをポチっとお願いします!励みになります♪
読んだよ! 読んだよ!
読み込み中...
                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です