鈍器を買いました

少し前の記事で、

モーツァルトの簡単なソナタからやりたい、でも今家にあるのはソナタアルバム2だけで、実家には書き込みつきのソナチネ~ソナタがあるのに同じのを買い直すのはもったいない!

というようなことを書きました。

しかし、逆にいえば、同じ楽譜を買い直すのはもったいないけど、違う楽譜なら別にいいんじゃないか!?

てことで買ってしまいました。

わーい原典版ですぞー。ついでにベートーヴェンの方も1だけ買ってしまいました。前から欲しかったもので…。分厚い本が好きで…。

2冊で1万円近くしたのでこれで今月の楽譜予算が吹っ飛びましたね。まあ仕方ない。でもクレジットカードのポイント交換でもらったAmazonギフト券1万円分があったので実質タダでした。やったぜ。

とりあえず今はモーツァルトK280をやってるので、それは継続するとして、終わったらモーツァルトorベートーヴェンのもっと易しい曲からやりたいな~。もっと易しい曲って2巻にしかない説あるけど。2巻も買わねば…。

圧倒的に所持してる楽譜数>>>>>>>>>>弾ける曲数なので(爆買いしてるので当たり前)、譜読みスピードを上げてバンバン曲を消化していきたいんですけどねー。譜読み遅いしテクニックもない…。弾きたい曲が多すぎて追いつかない…。

色んな情報を調べてるとやはり多くの方が同じ悩みを持ってるみたいですよね。でも!弾きたい曲が多すぎて追いつかないのも問題だが、弾きたいと思ったときに楽譜が手元にないこともまた問題なのである。ゆえに私はこれからも欲しいと思った楽譜は欲望に忠実に、実力に見合ってないとかそういったことは考えずに、手元に置いて愛でていきたいという所存であります。

本当は校訂版も買って原典版と比較~とかやりたいんですけど、でも、さすがに、金と置き場がありませんね~。

いいね!と思ったらぜひハートマークをポチっとお願いします!励みになります♪
読んだよ! 読んだよ!
読み込み中...
                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です