【レッスン♪25】オブラーティブなレッスン(2022/07/09)

ちょっとみなさん、ピアノ全く関係ないんだけど、めっちゃワロタので聞いてくださいよ。

会社の上司と面談があったのだが、

上司「すずかさんの前期の評価は社内で上の方でした」

すずか「そっすか」

上司「ところで正直、うちの会社のレベルどう思う?」

すずか「いや~まぁ…(言葉を濁す)」

上司「まぁ、すずかさんレベルで上の方になるぐらいだからお察しですよね!

歯に衣着せなさすぎてワロタwwww全裸やんwwww下着ぐらい着せとけよwwww

まあそれは置いといて…。

相変わらず朝の15分ぐらいしか練習できない状況が続いています。

日によって、「ツェルニーだけ」「レパートリーの復習だけ」「ツェルニーと新曲をサラッと」「レパートリーの一部復習と新曲の一部練習」など、メニューを代わる代わるにせざるを得ないのが、とても辛いです。

でも、またがっつり練習できるようになる状況にもうすぐなれそうな見込みです!!!!

そしたら、レッスン曲以外の曲もやりたいし、また録画してYouTubeにアップするのを再開したい!!!!

その時よ、早く、来い!!!!

◆ツェルニー30番13番

だいたい弾けている。強弱をもっとつけるよう指摘される。

ピアノを弾くときはなるべく手首を平行に動かし、ひねったり無駄な動きがない方がいいとのこと。ふむふむ。

◆ソナタ7番第1楽章(モーツァルト)

先生「この曲合ってますね!」

毎回のように言われるので合っているのだろう!私もそう思うぞ!

指摘事項は相変わらず、前々から指摘されている、音が強いとか、裏拍を大きくしないとか、そんなことばかり。意識しているつもりでも直っていない。申し訳ない気持ちでいっぱいである…。

もちろん、この曲ならではの弾き方の指摘もたくさんいただきました。

そして、よくよく注意して聞いていると、

先生「ちょっと自然に聞こえないかな」

とか、

先生「打楽器みたいに聞こえてしまってます」

とか、

なんというか、

言葉選びが…

オブラーティブ

いやぁ、ピアノの先生って、✨オブラーティビティ✨にあふれているんなぁ✨

と気づいて、ちょっと感動しました。

決して、

「すずかさんレベルで弾けるぐらい簡単な曲」

とか言わない✨(まぁ、言わないっていうか、そんなことを思う人自体ピアノ弾きにはいないだろうが…)

世の中は✨オブラーティビティ✨でできている✨

読んだよ! 8
読み込み中...
                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。