大人ピアノの自由度、どこまで許されるのか?

大人ピアノは基本的に生徒の要望に合わせるといいます。

基礎からしっかりやりたい人はそういうカリキュラムにするし、好きな曲だけ弾きたい人はその曲だけレッスンする。

それはそれでいいと思うのですが、一つの意見として、基礎をやらずに好きな曲ばかり弾いてても上達しないから基礎をやるべき、という意見もあると思います。

私もその意見に賛成です。

で、今の私の練習状況を見ると…

好きな曲だけ弾く人になってない?

レッスンではツェルニー30番をやってて、家でハノンとインベンションをやっていますが、それだけ。あとはいわゆる曲を、弾きたいなと思ったものを適当に弾いています。

これって完全に好きな曲だけ弾いてる人ですよね。

なぜいきなりこんなことを考え始めたかというと、さっき色々調べてて、あ、これ弾きたいなって思う曲があったのです。

でもそれが結構難しい曲で、今の私の実力では無理。レッスンでやりたいなんて言ったら「ツェルニー30番者が?これを?うける↑↑」と言われてしまうレベル。※先生はそんなこと言いません。

今弾けないなら、練習をして腕を上げてその曲を弾く資格を得る必要があります。

じゃあ今の私の好きな曲をただ弾いていく練習スタイルで、その曲が弾けるレベルの腕が身につくのか?

と考えると、そうは思えなくて、取り組み方を変えていく必要があるんじゃないかなぁと思った次第です。

そうは言っても大人ピアノは生徒の要望に合わせてくれるので、いきなりその曲やりたいですって言っても受け入れてくれるとは思うんですよね。(多分…)

でもそれって「初心者が英雄ポロネーズ弾きたいと言ってきて困ってる」みたいな、分不相応なことを言って先生を困らせるケースに当たりそうで、それはできない。

自由度はあるとは言っても、自由を主張しすぎるのはどうなのかなと個人的には思っています。

じゃあどうすればいいのか。

一体どういうステップを踏めば、その曲を弾く資格を得られるのか。

悶々。

まあ先生に相談しろって話なんですけどねえ…。先生優しいから「じゃあ次はその曲やりましょう!」とか(内心困ってても)言ってくれそうでそれは望んでないんですよね…。

というかドビュッシーのプレリュードやりたいって言ったときに既に困らせていたんじゃないかと今になって不安に…。

悶々。

大人ピアノ、自由度があるだけに、そして行きすぎた自由を主張する人に対しても基本的には大人の対応で咎めないから、本心レベルで許される主張の度合いを測ることが難しい。

読んだよ! 4
読み込み中...
                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です